FC2ブログ
車・バイクのガラスコーティングショップ リボルト静岡 店主のブログ  ~業務日誌から車好きな店主の日常のご紹介~

長い歴史を誇るトヨタの代表作 トヨタ・ランドクルーザー/静岡県富士市M様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
長い歴史を誇るトヨタの代表作。
トヨタ・ランドクルーザーのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280929-1.jpg
280929-2.jpg280929-3.jpg280929-4.jpg280929-5.jpg
280929-6.jpg280929-7.jpg280929-8.jpg280929-9.jpg
280929-10.jpg

1954年に初代モデルであるランクル40が登場してから約60年。
復刻版ランクル70が発売されたときは、トヨタのその粋な計らいに胸が躍ったものです。
ご入庫いただきましたこちらのランクル200も積み重ねてきた歴史の厚みからか、
あるいは迫力のビックフォルムからか、施工中もただただ圧倒されてしまう印象でありました。

今回は新車ご納車と合わせて、ボディコーテイング「リボルト・プロ」・窓ガラス撥水加工(全面)・ホイールコーティング・断熱カーフィルムのフルセットにてご用命を頂きました。
当店をご指名頂き誠にありがとうございます。

このサイズともなればボンネットを洗うだけでも踏み台がなければ手が届きませんし、
おひとりで洗うとなるとなかなか時間もかかってしまうものです。
車の美しさを保つ上で大事なことは、”日頃の洗車”
お手入れの継続こそが大切なプロセスであると思います。

当店のコーティングは、日頃の洗車で汚れが楽に落ち、簡単に拭き取れる要素がギュっと詰まったコーテイングです。
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で塗装の輝きを最大に引き出し、低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」でガッチリと包み込みます。
未塗装樹脂パーツへの保護効果も高く、白濁化を軽減し自然な黒艶を与えます。こちらのランドクルーザーのように未塗装樹脂パーツが多い車種には特におすすめです。

同時施工を致しましたカーフィルムにも拘り、色褪せや傷にも強い原着タイプとなるハードコートフィルムを採用しております。
スモーク断熱フィルム7%をリア5面、
透明断熱フィルムをフロント2面&サンルーフ部へ施工致しました。


280929-13.jpg

280929-14.jpg

サンルーフ部は見た目以上に施工しづらい箇所の一つ。

280929-11.jpg

フィルムの水貼りに備えた室内側の養生も大切なポイントです。

280929-12.jpg

気になるフロントドアの可視光線透過度も・・・・

280929-15.jpg

フィルム施工後可視光線透過度:76.9%
安全マージンもしっかり確保出来て車検基準(70%以上)クリアです。
フロントドア面へのフィルム施工をご検討の方は下記ページをご参考ください。
フィルム透過率を数値で見る/可視光線透過率測定器


プライバシー保護効果だけでなくビジュアル面でも効果が高いスモークフィルムに、
ガラス被膜特有の艶かかな塗装肌との組み合わせは、まさに黒と白の競演。
ランドクルーザーの迫力あるボディにビシっとしたスパイスが加わったのではないでしょうか。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工(全面)
 ・ホイールコーティング
 ・フィルム施工

お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するリボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡
スポンサーサイト



テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-09-30 : トヨタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

このモデルも年内生産終了なんですね。 ホンダ・CR-Z ガラスコーティング/静岡市K様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
年式アップしたかのように蘇る姿もまたコーティングの醍醐味。
ホンダ・CR-Zのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280915-2.jpg
280915-1.jpg280915-3.jpg280915-4.jpg280915-5.jpg
280915-6.jpg280915-7.jpg280915-8.jpg280915-9.jpg
280915-10.jpg

あなたのコーティングを選ぶ基準は何ですか?
 ・ボディを保護するため
 ・輝く艶感がほしいから
 ・気持ちいい撥水力を味わいたい
コーティングに求めるものは人それぞれちょっとした違いがあるかと思います。
共通として言えるのは、愛車を大切にしたいから。これに尽きるのではないでしょうか。

今回ご依頼頂きましたオーナー様は中古車としてご購入をされ、
少しでも新車に近づけたいとご相談を頂きました。
ボディ保護・艶・撥水効果・・・そして可能ならば、

あの時のように、
また新車の気分に、
ボディのリフレッシュに、

そうです。
ダメージが蓄積してしまったボディ面を美しく磨き上げ、
車を生き生きとした姿に蘇らせる。これもまたコーティングの醍醐味であります。

塗装パネルを膜厚計で計測し、ダメージレベルにあわせて注意深く下地処理を行うわけですが、
中~重度に近いダメージが見られていた天井パネル面は既存の塗装の厚みを考慮しつつ、艶を引き出していく必要がありました。
むやみに痛みを取り除いていけば、ゆくゆくは塗装自体の耐久を損ねてしまう心配があります。
膜厚計の数値を参考にアプローチしていく中、最終的に頼りになるのは自身の経験と技術です。
仕上がった時のトータルバランスをイメージし、1パネルずつじっくりと仕上げていきます。

コーティング施工にあたり、
どうしてもお時間を頂きたいのは、お客様のご期待にお答えしたいから。
全てがまったく同じ状態の車両ではないのがコーティング施工の難しい所ですね。

高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」と、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」の組み合わせで、
美しさを取り戻した愛車の姿にオーナー様もお喜び頂けたご様子で安心しました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するリボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-09-15 : ホンダ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

揺るぎない力強さ レクサス・RX450h ガラスコーティング/山梨県甲府市Y様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
揺るぎない力強さと、研ぎ澄まされた美しさ
レクサス・RX450hのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280907-4.jpg
280907-1.jpg280907-2.jpg280907-3.jpg280907-5.jpg
280907-7.jpg280907-8.jpg280907-9.jpg280907-10.jpg

当店での施工台数がじわりじわりと増えつつある車種がレクサス・RXです。
モデルチェンジ後の洗練されたスタイルはもちろんの事、
個人的には流れるように光を放つLEDウィンカーに惚れ惚れしちゃいます。
今回は山梨県甲府市からお越し頂きました。遠方にもかかわらず誠にありがとうございます。

ボディ状態の方は新車納車直後ということもございましたが、さすがレクサス!
毎回のことながら塗装品質の高さには驚かされます。
コーティング施工においては、
高輝度LED照明の下、被膜定着に最高の状態へさらにもう一歩と鏡面仕上げの下地処理を施していきます。
”限りある塗装の厚みを守り、最低限の磨きで艶・光沢、塗装本来の輝きを引き出す”
これが当リボルトグループが確立した高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」であります。

例え綺麗に見えていたとしても、目には見えないレベルでの凹凸や不純物の付着があればコーティング効果を最大限発揮することは出来ません。土台となる下地作り。これが一番大切というわけです。

オーナー様のお気にされておりました、レクサスデザインの象徴「スピンドルグリル」も
1マス1マスとケミカル洗浄を施し、コーティングを施していきました。

280907-6.jpg

この箇所は洗車時のお手入れがどうしてもしづらい。。。
普段のケアの中では柔らかい毛先のブラシで汚れを洗い、家庭用コンセントから取れるブロアをご使用頂きますと洗車効率・仕上がりが格段にUPするかと思います。

コーティング剤は当リボルトグループ独自の低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」使用した2層コーティングを施しております。
高濃度ガラス溶剤「リボルトプロ」は、硬度・耐久・防汚性能に優れ、ガラス被膜特有の硬質な艶を付加致します。
さらにトップコート層には紫外線吸収剤・紫外線変換剤を配合した紫外線軽減効果付き。
塗装の色褪せ・劣化対策と紫外線からもボディを守ります。
新車状態を長く綺麗に保つ上で、紫外線対策は必須ですね。

【動画で紹介 紫外線トップコート】


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工
 ・ホイールコーティング

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するリボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-09-08 : レクサス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アテンザ・オーロラマーク VS コーティングショップ・リボルト静岡/山梨県南巨摩郡M様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
山梨県南巨摩郡からお越しのM様、
マツダ・アテンザのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280906-3.jpg
280906-1.jpg280906-2.jpg280906-4.jpg280906-5.jpg
280906-6.jpg280906-7.jpg280906-8.jpg280906-9.jpg

【オーロラマーク VS リボルト静岡】

こんにちは、リボルト静岡店主の櫻井です。
ここ最近、”〇〇”からのお問い合わせ・ご依頼が増えてきました。

 「え~!そんな遠い所からですか!?」と、

つい声をあげてしまうことも多々あるほどです。 
そう、”〇〇”とは”県外”からのお客様。
以前は愛知・三重・岐阜・・・
過去最高遠方記録では神戸から・・・なんてこともあった程です。
 
 「コーティングでわざわざ遠くまで?」
 
そう思ってしまう方もきっと多いかと思います。
実は県外からのお客様の多くは、

 ・過去に別の業者に依頼して失敗した
 ・高い費用を掛けたのに全然綺麗にならなかった


こういった悩みを抱えていることが多いのです。
それほど施工店によって違いが出るのがコーティング選びの怖さでもあるのかと思います。
今回は山梨県から、あるご相談でご来店を頂きました。
 
よくある症状とも言えるのですが、
あるご相談とは、”オーロラマーク”と呼ばれる、
ポリッシャーを使い塗装面を磨いたことで生じる磨き跡の被害。
いわば人為的なトラブルになります。
 
オーロラマークってどんなものなの?
という方に、わかりやすく作業中に動画を撮ってみました。
塗装面が”モヤモヤ~ギラギラ~”っとみえる渦状のもの。
よ~~~~く見えると細かい線キズの集合体であることがわかるかと思います。

これが磨き跡。オーロラマークです。


※動画は高画質モード(HD)にして頂くと綺麗に見えると思います
 
せっかくのコーティングですから、
やっぱり塗装が持つ輝きをたっぷりと発揮したいですよね。
こういった被害の修正も当店では数多く実績があります。
被害に合う前にお任せ頂くのが一番・・・ではありますが、
同様にお悩みの方は是非ご相談下さい。
 
下地処理後の塗装面を見ると、
マイカのキラっキラっとした美しさがたっぷりと出ているのではないでしょうか。

どんなコーティング剤を使うのか、これも大事な事ではあります。
ですが、まずは土台となる塗装面の輝きをいかに引き出すか、定着に最適な平滑な状態に仕上げられるのか。
ここがコーティングを施す上で最も重要なポイントであるかと思います。

高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」と
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」のコラボレーションにより、
大切な愛車をプレミアムな一台へ仕上げさせて頂きます。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工
 ・ホイールコーティング

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するリボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-09-06 : マツダ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

生産終了なんて言わないで! トヨタ・FJクルーザー ガラスコーティング/静岡県浜松市H様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」

あなたは車選びの時、なにを重視しますか?
燃費ですか?機能ですか?走りのスタイルですか?
結局、最後の決め手はコレだったりしませんか

"ビビっと来た" 

まさにコレ。

私はこのフレーズ結構気に入っています。
どうもこんにちは、リボルト静岡店主の櫻井です。  
そう!車のデザイン!見た目!
やっぱり最後の決め手は第一印象って方が多いんじゃないでしょうか。
 
特に個性的な車である程、自然と愛着が湧いてくるものですよね。
今回は2006年の発売からちょうど10年。
性能と遊び心を両立した個性派SUVである
トヨタ・FJクルーザー、コーティング施工のご紹介なのですが、 FJクルーザーの年内生産終了・・・
この知らせを聞いた時は正直、淋しさを感じたものです。
個性的な車って愛着であったり、なんだか親しみが湧いてくるんです。

280705-8.jpg
280705-1.jpg280705-2.jpg280705-3.jpg280705-4.jpg
280705-5.jpg280705-6.jpg280705-7.jpg280705-9.jpg
280705-10.jpg280705-11.jpg280705-12.jpg280705-13.jpg
280705-14.jpg

SUV特有の無骨な荒々しさよりも、丸みのあるヘッドライトにカラーリングとポップな印象を持ちながらも高い悪路走破性を兼ね備えるFJクルーザー。
この魅力に惹かれた方もきっと多いことかと思います。

ご入庫頂きました車両は外装を北米仕様へイメージチェンジを施しており、
オーナー様のこだわりが感じ取れる1台でありました。
作業にあたってはフロントバンパー、フェンダーモールディング等の部品交換もご依頼頂いたこともあり、
下地処理工程の際には脱着し、通常は機材が入りにくく手作業となる細かな塗装面までしっかりとケアを施していきました。

280705-15.jpg

280705-16.jpg

大きなボディのお車こそ、パネルの隙間やゴムモールのフチなど汚れが溜まりやすい小さなポイントをきっちりと押さえていきますと、そのボディの迫力に負けない繊細な美しさが現れてくるものです。
ソリッドカラーとなるホワイトカラーも当店が得意とする高度下地処理技術でツルっとした塗装面に整えます。
コーティング施工時の下地処理(磨き)では塗装が持つ輝きを引き出すだけでなく、
目には見えない表面の凹凸が滑らかに仕上がりますので
汚れがつきにくく、落ちやすい。そしてコーティング剤の定着に最適な下地へと完成するワケです。

ボディを保護するコーティング剤は、
リボルトグループ独自開発の低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」を施しております。
なんといってもこのコーティング溶剤の魅力は未塗装樹脂素材にも対応している事。
樹脂やレンズは非対応というコーティング剤は意外と多いのです。
しかし、低分子構造の「リボルトプロ」は樹脂部分にも染み渡り、
年数劣化に伴う白濁化の軽減や黒艶の改善にも効果を発揮致します。
”黒くあるべき箇所はより黒く”
ボディカラーとのコントラストをグっと高めてくれます。

生産終了となってしまうFJクルーザーを美しい姿で今後も長く大切にして頂けますと幸いです。
今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するラディアス・リボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-07-08 : トヨタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

脱ソリッドブラックの前兆か!? トヨタ・プリウス アティチュードブラックマイカってどうなの?

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
フルモデルチェンジを遂げたトヨタ・プリウス。
ボディカラーの設定で、あるカラーが無くなっている事にお気付きでしたか?
トヨタの黒の代名詞ともいえるあの色。
ここではさすがに言えませんが、知人のディーラーマンや過去にディーラーにお勤めであったお客様からも様々な裏事情を聞いてきたものです。
 
これからは起きてくるのかもしれないですね。
 
=========
脱ソリッドブラックが。
=========

今回は新色を身に纏った世界トップクラスの低燃費車
トヨタ・プリウスのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280702-6.jpg
280702-1.jpg280702-2.jpg280702-3.jpg280702-4.jpg
280702-5.jpg280702-7.jpg280702-8.jpg280702-9.jpg
280702-10.jpg280702-11.jpg

フルモデルチェンジを遂げたトヨタ・プリウス。
販売当初はその人気ぶりからご納車予定が数ヶ月も先に・・・とお伺いすることが多かったものですが、
最近は静岡市内でもよく走っている姿を見かけるようになってきたかと思います。
そんなトヨタ・プリウス。
モデルチェンジ時に真っ先に思ったことが一つあります。

私の第一声は、

「おぉ~そうきたか!」

まさにこれでした。

20系プリウスから採用されていたカラーで、黒と言えばコレ!と代名詞にすらなっていた
”ソリッドブラック(202)”
モデルチェンジ後、プリウスのブラックカラーはアティチュードブラックマイカ(218)へ切り替わっていたんですね。
鏡面の輝きで景色が映り込む姿を味わえるのがやはりソリッドブラックの醍醐味。
しかしながらその反面お手入れが難しいのも事実。
では、モデルチェンジ後のプリウスから採用されたアティチュードブラックマイカはどうなのか。
新車ご納車直後の車両を少し見てみようと思います。

まずは塗装の厚みを測定

280702-12.jpg

ボンネット部の膜厚は133μm(ミクロン)
散りばめられたマイカと相まって黒さの中に青く光るような明るさが垣間見えます。
ソリッドブラック(202)のような柔らかさやデリケート過ぎる塗装質とはまた一味違う印象です。
それでも当店のコーティング施工では微細な傷も浮き彫りにしてしまう高輝度LED照明郡が待ち構えておりますので(笑)
新車ボディであっても細かな傷跡が見受けられました。

280702-13.jpg

280702-14.jpg

これらの微細な傷は高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で整え、塗装面をより平滑化し塗装が持つ艶と光沢を引き出すとともに、コーティングの定着に最適な下地へと作り込んでいきます。
アティチュードブラックマイカを纏うこちらの1台も、下地処理後は塗装の鮮明さが増し加わりコーティング施工前の段階で、その違いがすでにハッキリとわかる程でありました。
アティチュードブラックマイカ(218)、確かランドクルーザーにも採用されているボディカラーであったかと思いますが、今後ほかの車種でも採用されてきそうな予感がしますね。

仕上げには低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」でボディをたっぷりと包み込み、ガラス被膜特有の硬質な輝きをプラスします。
圧倒的な膜厚を持つ「リボルト・プロ」によるコーティングと、リボルトグループの高度下地処理技術【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)】とのコラボレーションにより、従来のガラスコーティングとは別格のクオリティを実現致します。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工(全面)
 ・ホイールコーティング

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するラディアス・リボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-07-03 : トヨタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

強くエレガントな造形美 レクサス・RX ガラスコーティング/静岡県浜松市K様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
強くエレガントな造形美
レクサス・RXのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280523-5.jpg
280523-1.jpg280523-2.jpg280523-3.jpg280523-4.jpg
280523-6.jpg280523-7.jpg280523-8.jpg280523-9.jpg
280523-10.jpg280523-11.jpg

数あるコーティング業者の中から当店をご用命頂き誠にありがとうございます。
遠方の中お越し頂き大変感謝致します。
こちらのお車のボディカラーは高品質塗装であるレクサスのホワイトノーヴァガラスフレーク。
ご納車直後のご来店ということもありまして、状態はとても良好と言えました。

当店の上位コーティングコース「リボルト・プロ」では
新車の美しい塗装をここからもう一段階、塗装の輝きを引き上げていくのですが
レクサスのカラーは本当に綺麗なんですね。
「仕上がりが楽しみです!」とおっしゃって頂いたお客様のご期待にもしっかりとお答えするべく、
握るポリッシャーの手に力が入るというものです。

当店のコーティング作業における時間配分では下地処理が約7割、コーティング塗布が約3割ほどです。
つまり、コート剤を塗る工程よりもその前、下地処理と呼ばれるボディの塗装面をより平滑に整え、コーティングの定着に最適な土台を作り上げることに多くの時間と手間を注ぎます。
新車の場合、下地処理は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、確かに当店コースでリボルトライト(新車限定ノンポリッシュ)のご用意がある通り、まずはコーティング効果を味わいたい、試してみたいという方には下地処理工程は省いたリーズナブルなコーティングがおすすめです。

しかしながら、
いやいや、それでは物足りない!
つい見惚れしまうような艶や光沢が欲しい!
耐久性のあるコーティングがいいんだ!
この場合には必須条件となるのがやはり下地処理です。

リボルトグループ独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて下地処理を進めていけば、美しいと思っていたレクサスカラーもより一層の輝きを放ち始める程なのですから。

さらに低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」で包み込めば、
ガラス被膜特有の濃厚で硬質な艶がボディに増し加わります。
ガラスコーティングの神髄は、
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」と
次世代型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」のコラボレーションにあると言っても過言ではないかと思います。

また同時に施工致しました断熱スモークフィルムも最近お問い合わせの多いオプションメニューです。
今回は可視光線透過率7%の断熱スモークフィルムを施工致しました。

280523-13.jpg

280523-14.jpg

280523-15.jpg

室内のプライバシーを守り、さらに内装品を紫外線から守る。
そして断熱の強みである快適な室内空間の実現。
外気をシャットアウトしたコーティング専用の環境設備の中で施工するフィルム施工はゴミの進入を抑え、仕上がり品質も向上。コーティング同様にフィルムも施工環境がやはり大切ですね。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工(全面)
 ・ホイールコーティング
 ・カーフィルム

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するラディアス・リボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-05-25 : レクサス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

待ち侘びましたよホンダさん! S660 ガラスコーティング&フィルム施工/静岡市N様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
”待ち侘びましたよホンダさん!”
S660のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280413-1.jpg
280413-2.jpg280413-3.jpg280413-4.jpg280413-5.jpg
280413-6.jpg280413-7.jpg280413-8.jpg280413-9.jpg
280413-10.jpg280413-11.jpg

今回はご納車と合わせて、ボディコーティング「リボルト・プロ」・窓ガラス撥水加工(全面)・ホイールコーティング・カーフィルム施工のフルセットにてご用命を頂きました。誠にありがとうございます。
オーナー様から最初にご相談を頂いたのが、かれこれ1年程前でしょうか。
待って、待って、、そして待って。ようやく待望のご納車となりご来店頂きました。
S660は今でもその予約数の多さから、待ち侘びている方も多いのではないでしょうか。

そんな人気絶頂のS660。
実の所、コーティング専門店である当店の目から見てみますと、
”もう一息ですよホンダさん!”
そう叫んでしまいたくなる発見もあるのです。

写真はドアパネルの一部。
塗装修正の磨き跡が見えてしまってます。

280413-13.jpg

280413-15.jpg

意外なことかもしれませんが、生産台数も限られ、力を注いでオーナー様にお届けされる1台であっても、これらの症状は多かれ少なかれ見られるものです。

■ 最高の状態で新車に乗りたい!
■ 新車だからこそ妥協はしたくない!

そんなときこそ当店にお任せ頂ければと思います。
防汚性能・撥水力・艶・光沢はもちろん、
当店の下地処理技術で新車の塗装を最高の状態に作り上げた姿は格別ですよ。

280413-14.jpg

280413-16.jpg

ここで1つ。
同時施工となりましたカーフィルムのポイントをご紹介。
S660のリアウィンドウは3枚。いずれも面積が小さく、簡単でしょ?
と思われてしまいがちですが案外大変な一面もあるのです。
まずはこちらをご覧ください。

280413-17.jpg

そして内張りのパネルを外した後がこちら

280413-18.jpg

お気付きになりますか?
ちょっとわかりにくいですかね。
実はこのリアガラス。
内張りのパネルがガラスの寸法ギリギリまで開口部が作られているので
フィルムもガラスのフチすれすれまでカットし貼り付けていく必要があります。

280413-19.jpg

この黄色の車体フレームのギリギリが目安になります。
しかし、ご覧の通りフレームのフチには接着剤がありほとんど隙間もありません。
さらに完全に隙間を埋めるように作ってしまうとフィルムの内部に残った水分の逃げ道がなくなるため浮いてきてしまう心配もあります。←ココすごく大事です。
ガラス幅ギリギリで、さらにわずかに隙間を残す。
こうすることで綺麗なフィルム施工が出来るわけですが、正直な所カットデータはあまり参考になりません。
微修正を加えながらの施工でバシっと決まる仕上がりになりました。
(スモークフィルム 透過度7%)
カーフィルムについてもっと知りたい方は下記ブログもご覧ください。
「ご一緒に〇〇〇はいかがですか?/カーフィルム施工」

280413-21.jpg

280413-22.jpg

高濃度かつ高密度のガラスコーティング「リボルト・プロ」の硬質な艶と、ボディを引き締めるカーフィルムが相まってワンランクアップしたS660に仕上がったかと思います。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工(全面)
 ・ホイールコーティング
 ・カーフィルム(透過度7%)

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するラディアス・リボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-04-19 : ホンダ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

心をかき立てる情熱の"赤" ニッサン・GT-R ガラスコーティング/静岡市T様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
心をかき立てる情熱の"赤"
ニッサン・GT-Rのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280310-3.jpg
280310-1.jpg280310-2.jpg280310-4.jpg280310-5.jpg
280310-6.jpg280310-7.jpg280310-8.jpg280310-9.jpg
280310-10.jpg

ご入庫頂きました車両は、2009年式の走行距離は約7万5千キロ。
バイブラントレッドのボディは当初年数なりのダメージが多く見られており、
傷やくすみで塗装面の輝きが隠れてしまっている状態でした。

※高画質モード推奨


最近はガラスコーティング・簡易ポリマー剤・ワックスとどの商品も改良が重ねられ、品質が日々高まっていると思います。
傷埋め効果のあるコーティング剤や艶・光沢をうたったワックスを見かけることもあるかと思いますが、
ただ隠すだけでは、綺麗になりません。
人肌もお化粧もベースとなる下地が大切ですよね。
車のコーティングも同じなんです。

経年車の場合においては、この下地のケアこそがコーティングの良し悪しを決定するといっても過言ではありません。
まずは膜厚計で塗装の厚みをパネルごと計測し、車両状態を確認。

280305-2.jpg

研磨レベルを数値で把握し、ベストコンディションに整えていきます。
現状の塗装状態を確認しないまま、やみくもに磨いてしまうのはご法度です。
磨き過ぎによる塗装の衰退は、耐久性を欠如させ色褪せや後々のトラブルにつながってしまうからです。

当ラディアス・リボルトグループが誇る、
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は、
最小限の磨きで最大限の輝きを引き出すことを目的に研磨を追及し確立した施工技術です。
もちろん全ての傷やダメージが除去出来るわけではございませんが、
1台1台、新車は新車以上にハードコンディション車両は最善の状態に施工してまいります。

下地が整ったあとは、高濃度溶剤「リボルト・プロ」をバイブラントレッドのボディに増し加え、
ガラス被膜特有の艶・光沢を纏ったモンスターマシンにふさわしい鮮烈の赤に仕上がったかと思います。
情熱、力強さ、闘争心、そんな強いエネルギーを象徴する"赤"
完成時はそんな赤が本当に良く似合う車だ。とつい見入ってしまう程でした。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工(全面)

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するラディアス・リボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-03-12 : ニッサン : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

チタニウムフラッシュマイカの膜厚はいかに マツダ・CX-3/静岡市S様

完全室内作業・室内保管・高輝度LED照明完備 車&バイクのガラスコーティングショップ「リボルト静岡」
最小限の磨きで最大限の輝きを。
マツダ・CX-3のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

280228-11.jpg
280228-1.jpg280228-2.jpg280228-3.jpg280228-4.jpg
280228-5.jpg280228-6.jpg280228-7.jpg280228-8.jpg
280228-9.jpg280228-10.jpg

最近のマツダと言えば、どの車種も本当に人気がある!と私は感じております。
それもそのはず、当店にご依頼頂く車両のメーカー別台数ではマツダ車が1番多いんです。
確か一昨年はCX-5が多く、昨年はアテンザ・アクセラ。
そして今年に入り、CX-3のご依頼が増えてきた印象です。
いずれの車種も特有の新車塗装のボケが見られやすく、
コーティングコース「リボルト・プロ」施工後は、新車のお車も一段と輝きを放つ一台に仕上げることが出来ます。

しかし、ここで1つ注意点が、、、

ボディカラーの違いで前後はするのですが、

”塗装の厚み、「膜厚」が若干少なめ” という特徴があることです。


こちらの車両はチタニウムフラッシュマイカ。

280228-12.jpg

280228-13.jpg

ボンネットとフェンダーの膜厚はおおむね70μm前後。
決して厚いとは言えない数値となっております。

コーティングの定着を目的にやみくもに磨くのはご法度ですし、
ただ塗るだけというのも、クオリティ・耐久性を重視するハイグレードのコーティングの場合はナンセンス。
当店独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は、この問題を解決し、最小限の磨きでしっかりと塗装本来の輝きを引き出していきます。

また、膜厚が少なめの塗装・車両の場合には、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」が大変効果的であると言えます。
なぜならば、「リボルト・プロ」は低分子構造となるガラス被膜が緻密な塗装にビッシリと染み渡り、3~4μm程のコーティング被膜を形成することが出来るからです。
塗装の上にもう1枚ガラス被膜の層が加わり、艶や光沢が増すことはもちろん、
汚れやダメージから塗装を保護する面でもメリットが非常に高いと言えるかと思います。

また、最終コートに使用するトップコートは、地表に届く紫外線のUVA・UVB、
このどちらにも対応した、紫外線吸収剤・紫外線変換剤を配合しております。
コーティングで紫外線による色褪せや塗装劣化も軽減することが出来るワケです。
(もちろん日頃のお手入れの有無が、最終的には最も重要なポイントになるのですが・・・。)

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


施工内容
 ・リボルトプロ
 ・窓ガラス撥水加工
 ・ホイールコーティング

お問い合わせは下記ページをご参照下さい。
 ・コーティングメニュー
 ・店舗設備
 ・施工ギャラリー
 ・スタッフ車両紹介
 ・コーティング環境・色へのこだわり
 ・お見積り・お問い合わせフォーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
  カーコーティングの極限を追求するラディアス・リボルトグループ
  高度下地処理技術 「 Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム) 」
  高性能・高濃度溶剤「 低分子・完全硬化型ガラスコーティング・リボルトプロ」

                       大切なお車をプレミアムな一台へ  ガラスコーティングショップ リボルト静岡

                                               静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8  
                                               TEL&FAX 054-266-5807
                                               http://www.revolt-shizuoka.com
                                               revolt@revolt-shizuoka.com
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

洗練された技術で愛車を守るカーコーティングのリボルト静岡

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

2016-02-29 : マツダ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


Author: リボルト静岡

完全室内作業・高輝度LED照明完備
車&バイク ガラスコーティングショップ

店舗の事、店主の日常の事、
このブログでお届けしていきます。

Gallery

過去の施工ギャラリー

店舗案内

〒420-0068
静岡県静岡市葵区田町5丁目29-8
TEL/FAX 054-266-5807
www.revolt-shizuoka.com
revolt@revolt-shizuoka.com